琉球漆器メインイメージ

 琉球の漆器は、海外交易の盛んな十四〜十五世紀の頃から始まり、その技術・芸術性が高く評価され、献上品・貿易品として最も喜ばれた品物の一つでした。

 なかでも、立体的な浮彫表現の「堆錦」技法は、中国の堆朱の技法からヒントを得て、沖縄独自の加飾法として考案されたもので、他では見られない深い味わいを持っております。

琉球の漆器

 さらには、技術的にも芸術的にもさらに水準の高い工芸品を生み出すべく、「螺鈿」や「蒔絵」、「沈金」など様々な技法を駆使して、琉球漆器は成長してきました。

 その琉球漆器の伝統は朱塗りと黒塗りのコントラストの大胆さ、斬新さと相まってその鮮明さ、華麗さは多くの人に親しまれています。

 四方を海に囲まれた沖縄の歴史は、周辺の大国の狭間で大きく揺れ動いてきた小国の歴史です。俗に、中国皇帝が琉球国中山王を任命して、冊封制度が行われていた大交易時代の琉球王国は、明治の廃藩置県により沖縄県となりました。

沖縄の歴史

 そして第二次世界大戦後、アメリカの施政下に置かれた二十七年間、押し寄せる大国の圧力を受けながら復帰後は、豊かな自然と独自の歴史と工芸、芸能、文化を持つ、海洋県として新たな道を歩んでいます。




>> ページトップへ

ショッピングカート お得なキャンペーン 体験学習案内 店舗紹介 琉球漆器の取り扱い・修理相談コーナー・FAQ 琉球漆器の歴史 会社概要 通販法に基づく表記 お問い合わせ